トップ業務案内事務所案内会合セミナー案内税務・会計カレンダー所報お問い合わせ〜契約の流れリクルート過去セミナー

まずは、貴社の現状を把握いたします。 その結果、事業再生が必要な場合  事業再生が必要な場合は主に3つに分類できます。
1.資金不足に陥ってる場合
2.事業による収益はあるが、有利子負債を返済するには不足する場合
3.現時点では問題ないが事業事態に将来性が無い事が明らかな場合

このうち、1と2についてはすぐに事業再生に取り組む必要があります。 3については将来陥る危機に対応する為に事業再生に取り組む必要があります。


財務分析・整理

経営計画・事業計画書

資金繰り表

資産等の見直しより借入金を減額(不動産の売却、リースバック等)

在庫処分 等

方針の決定

再生計画の策定・実施