トップ業務案内事務所案内会合セミナー案内税務・会計カレンダー所報お問い合わせ〜契約の流れリクルート過去セミナー

 医療法人は、一般企業に比較して非常に特殊な面が多く、会社法や税法以外に医療法の改正にも対応しなければ なりません。近年では、特別医療法人に代わる社会医療法人が創設されました。医療法人の残余財産の帰属先も国や地方公共団体等に限定され、残余財産の分配ができる持分のある医療法人は、今後設立できないこととなりました。  また、平成20年4月1日以降は、事業報告書等の開示が義務付けられ、診療報酬の改定や特定健康診査・特定保険指導の開始など、その変化は目まぐるしいものです。医療費総額の抑制、薬価基準の見直しなど、今や病院経営を取り巻く環境は厳しくなってきております。 医療法人の経営者は、その急速な変化に対応し、激しい医療機関相互の競争に打ち勝たなくてはなりません。